車検の見積もり予約を行うに当たって、知っておきたい知識を網羅したサイト。
  車検見積もり予約  
   
  ホーム > 車検に必要な書類は?  
     
 





車検に必要な書類は?

車検を受けるためには、必要となる書類があります。何もなく手ぶらで車両検査を受けることができるということではありません。

運輸局認証工場などの一般車検場で車検を受ける場合、また、ユーザー車検を受ける場合、必要な書類は多少異なってきます。また車検の種類によっても必要書類は異なってきますので注意する必要があります。

まず、車検の種類は3種類あり、「新規検査」「継続検査」「構造変更検査」となります。
「新規検査」・・・登録を受けていないバイクや自動車(新車、廃車)を使用(登録)しようとするときに受ける検査です。
「継続検査」・・・自動車検査証の有効期間が満了した後も引続きその自動車を使用するときに受ける検査です。
「構造変更検査」・・・自動車の長さ、幅、高さ、最大積載量、定員等に変更がある場合に受ける検査を言います。

一般車検場で受ける場合に必要となる書類は下記の通り

「新規検査」
・ 自動車検査証(一般に言う「車検証」です)
・ 自動車検査表(検査ラインに入るときに持っていく重要な書類です。すべての検査結果に書き込まれるので、汚れた手で触ったり折り曲げないように注意してください。)
・ 点検整備記録簿(中古車の場合)点検整備記録簿とは、過去の整備状況を把握するものです。
・ 抹消登録証明書(中古車の場合)再度登録する場合にはこの書類が必要となります。
・ 手数料納付書(手数料印紙を添付して納付)すべての手数料分の印紙を買い、この用紙に添付します。
・ その他(輸入車など、種類によって必要な書類がありますので、所轄の陸運支局に問い合わせてください)

「継続検査」
・ 自動車検査証
・ 自動車検査表
・ 継続検査申請書
・ 点検記録簿
・ 自動車納税証明書(4月1日現在の車の所有者に課税され、5月末日までに金融機関で納税を済まします。その時受け取った半券が納税証明書になります。)
・ 自賠責保険証明書(自動車自体に掛ける保険の加入証書です。これは、自動車を所有した時点で加入し、車への搭載が義務づけられているので、必ず無ければいけません。
まれに任意保険と勘違いされている方もいるようなので注意してください。)
・ 自動車重量税納付書(車検のときに納税する税金(重量税)を納付するための用紙で、重量税印紙を添付して納付します。)

「構造変更検査」
・ 自動車検査証
・ 自動車検査表
・ 申請書
・ 点検整備記録簿
・ 自賠責保険証明書
・ 使用者の委任状
・ 所有者の委任状
・ 代理人の認印(構造等変更検査に伴い、型式、車台番号又は原動機の型式を変更する場合)
・ 手数料納付書(手数料印紙を貼付して納付)
・ 自動車重量税納付書(重量税を貼付して納付)

ユーザー車検で受ける場合に必要となる書類は下記の通り

「新規検査」
・自動車検査票
・抹消登録証明書
・※申請書(本人申請の場合実印を押印します)
・自動車損害賠償責任保険証明書
・印鑑証明書(新所有者)
・使用者の住所を証する書面(新所有者と同じ場合は除く)
・譲渡証明書(旧所有者の実印が必要)
・委任状(代理人申請の場合のみ必要、新所有者・使用者の実印を押印すること)
・車庫証明書
・手数料納付書(検査手数料印紙 普通車1,500円 小型車1,400円)(登録手数料印紙 700円)
・※自動車重量税納付書(重量税印紙が必要となります)
・自動車税申告書
・自動車取得税申告書
・※点検整備記録簿(新車に付いている点検整備記録簿の使用も可 無い場合は前検査扱いとなります)

「継続検査」
・自動車検査証
・自動車税納税証明書
・点検整備記録簿
・自賠責保険(共済)証明書
・自動車重量税納付書・印紙
・継続検査申請書
・自動車検査票・手数料納付書・印紙

「構造変更検査」
・自動車検査証
・自動車検査票
・点検整備記録簿
・自動車損害賠償責任保険(共済)証明書
・使用者の委任状(認印押印)/委任事項〔自動車検査証記入・構造等変更検査〕
・所有者の委任状(認印押印)/構造等変更検査に伴い、型式、車台番号又は原動機の型式を変更する場合/委任事項〔変更登録〕
・代理人の認印
・本人出頭の場合;認印持参
・申請書
・手数料納付書(検査登録印紙を貼付して納付)
・自動車重量税納付書(重量税印紙貼付して納付)

車検を受ける際は上記必要書類の漏れがないように注意しましょう。
また、必要書類は上記に書いている通りですが、再度、運輸支局や自動車検査事務所にてご確認ください。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
 
     
© 車検見積もり予約ガイド 2007