車検の見積もり予約を行うに当たって、知っておきたい知識を網羅したサイト。
  車検見積もり予約  
   
  ホーム > 車検の検査項目は?  
     
 





車検の検査項目は?

国が定める車のための保安基準の適合性を調べるのが車検です。ところで車検では一体何を調べられるのでしょうか?ここでは、車検検査項目についてみていきます。車検場及び指定整備工場で行われる検査項目は以下の通りです。

@ 車体の同一性の確認:これが一番最初に行われる項目です。登録されている車と実物が同じものであるかの確認を行います。車体番号、エンジン形式、種別、番号票などを参考にします。
A 外観検査:車体、保安装置、走行装置、車室、灯火類(ウィンカー、バック灯など)の検査をします。
B サイドスリップ、ブレーキ、スピードメータ、ヘッドライト検査:かじ取り車輪整列、制動力測定、速度計誤差、車輪の振れ、照明光度や向きの確認をします。
C 排気ガス:一酸化炭素及び炭化水素のチェック。
D 下回り検査:かじ取り装置、緩衝装置、制動装置、原動機、動力伝達装置、車枠、車体、排出ガス発散防止装置、燃料装置、電気装置の確認。
E 書類審査:せっかくすべての検査項目に合格しても書類が揃っていないと車検はもらえませんので気をつけましょう。

以上のすべての項目でパス出来れば車検合格となります。整備工場に車検を頼むディーラー車検の場合、車体が少々汚れていても商売ですので車検に合格させて返却してくれます。また、整備工場によっては洗車もサービスとしてつけている場合もあります。

しかし、ユーザー車検の際には、車体が綺麗であるかどうかも見られます。実際の車検検査項目に「車体の美化」などはありませんが、整備が行き届いているかの判断基準とされます。試験官も人間ですので、「汚い」車にはより厳しい判断を下すのが人情です。車を車検場に持ち込む、あるいは代行車検を頼む際には、少なくとも車の泥ハネやガラスの曇りなどは取っておくようにしましょう。また、室内の装飾品も同様です。ダッシュボードの中は空っぽにしておくのがエチケットです。

ユーザー車検で車を車検場に持ち込んだ際、この検査項目を自分でこなすことになります。全工程大体1時間くらいで終了するのが普通です。ですから朝一番の車検予約を入れておくと、ほんの少し遅刻するくらいで会社を休まなくても良くなるのです。ただ、1箇所でもパスしない項目があると車検には合格しません。この場合、同日内であれば追加料金を支払うことなく再検査を受けることが可能です。

尚、車検の際には24ヶ月点検も受けることになります。但し、この点検は車検終了後でも構わないことになっています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
 
     
© 車検見積もり予約ガイド 2007