車検の見積もり予約を行うに当たって、知っておきたい知識を網羅したサイト。
  車検見積もり予約  
   
  ホーム > 車検を受ける時期は?  
     
 





車検を受ける時期は?

車検には有効期限があります。その期限が切れる直前が車検の時期となります。自動車を新車で買った人の場合、購入後3年目に始めての車検がやってきます。

「購入日をはっきり記憶してないのだけれど、いつ車検に行けばいいのでしょう・・・」

初めての人は戸惑うかもしれませんが心配は不要です。自動車のフロントガラスに張り付いているステッカーを見ればすぐに分ります。

車検は有効期限の切れる前に行わなければなりません。ステッカーに記載されている日付の1ヶ月前から受検が可能です。申し込みはその2週間前から出来ます。車検切れになると罰則がありますし、余計な費用が掛かりますので必ず期限前に車検を受けましょう。

自動車を購入したならば、車検の時期に合わせて家計の一部を貯金しておくとよいでしょう。自分で車検を受けるユーザー車検の場合、自動車重量税、検査手数料、自賠責保険料が必要になります。プロに整備を任せるディラー車検の場合、上記のほかに車検代行料、整備料、消耗品・部品費用及び取り付け費用などが必要になります。費用の大体の目安は分りますので、その額を目標に貯金すると良いでしょう。

しかしながら、貯金が思うように出来なかったり、大きな故障のため予算が大幅に狂ってしまったりした場合は、車検ローンを組むこともできます。銀行系、信販系、消費者金融系が提供しているオートローンやマイカーローンなどに問い合わせてみると良いでしょう。

最近ではインターネットで審査が出来、審査結果もすぐ出ますので便利です。オートローンは使用目的がはっきりしたローンです。そのため金利は低めになっています。一般的に銀行系は審査基準が高く、金利が低く設定されています。その他のところでは、審査が甘い代わりに金利が高くなっているようです。

車検が切れてしまうと、罰金のみならず減点や免停の対象となります。融資を受けてでも車検を取る方が後々面倒なことになりません。

車検の時期ぎりぎりになって慌てないように、前もって準備することが大切です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
 
     
© 車検見積もり予約ガイド 2007