車検の見積もり予約を行うに当たって、知っておきたい知識を網羅したサイト。
  車検見積もり予約  
   
  ホーム > 重量税について  
     
 





重量税について

車検と同時に重量税を支払う義務もあります。重量税とは道路の使用料とも言われる税金です。重量税の約1/4は市町村に譲与され、道路の修理・改善などに使われます。

自動車の持ち主に課せられる自賠責保険料などと違い、重量税は重さに比例して税額が決まるユニークな方法を取っています。重量が重いほど道路へのダメージは大きくなります。その税額が重さによって違うのはとても公平な方法といえるでしょう。

重量税の基準は車の種類によって違います。自家用普通乗用車の場合、車両の重量0.5tごとに年間6,300円を支払います。自家用軽自動車の場合、どの車種も同じような重量と見なされ、年間4,400円と設定されています。小型二輪の場合は年間2,500円と決まっています。また、営業用の車両の場合は若干安く、一律2,800円となっています。これらの重量税を次回の車検の分までまとめて支払います。

万が一、車検が切れる前にその自動車が廃車などになった場合、払いすぎた税金を返金してもらうことも出来ます。自動車重量税の廃車還付制度と呼ばれ、申請することにより還付を受けることが出来ます。

但し、自動車重量税の廃車還付制度はあくまでも、廃車になった場合にのみ有効です。他人に売却した時や、海外に輸出した場合には適応されません。

新車の場合、車検は3年先になります。従って重量税も3年分まとめて支払うことになります。新車購入の予算を考える際、重量税を入れることを忘れないようにしましょう。

重量税は自動車重量税印紙を自動車重量税納付書に貼り付けて納付します。自動車重量税印紙は車検を受ける場所で購入できます。あらかじめ金額を調べておくと良いでしょう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
 
     
© 車検見積もり予約ガイド 2007