車検の見積もり予約を行うに当たって、知っておきたい知識を網羅したサイト。
  車検見積もり予約  
   
  ホーム > ディーラー車検  
     
 





ディーラー車検

自動車やバイクなどの車両の安全性を確かめる検査が車検です。車検に合格することで晴れて、公道を走ることが可能になります。

車検は自分で行うこと事も出来ますし、民間業者に依頼する方法もあります。自分で車検を通す方法を「ユーザー車検」と呼びます。一方、民間の整備工場などに車検を依頼するのは「ディーラー車検」といわれています。日本で一番良く利用されているのは「ディーラー車検」の方です。

それでは、車検には一体どのくらいの費用がかかるものなのでしょうか?

ユーザー車検の場合は、車検に必要な整備を全て自分で行います。普段からこまめに手入れをしていれば車検時に慌てる事は無いでしょう。ユーザー車検では、消耗品やパーツなどの購入代金と、車検手数料(自家用車1,500円、二輪車・小型車1,400円)が、車検費用ということになります。車両に深い知識のある人であればユーザー車検がお得といえるでしょう。

日本の一般的な車検方法、ディーラー車検にかかる費用について考えてみましょう。まず、車検手数料に加えて、車検代行料(平均1万円前後)が必要になります。それに加えて整備代金を徴収されます。車検は2年に1度ですので、この整備代金とは24か月定期検査料金と車検整備料金の両方ということになります。消耗品等の交換も必要があれば行われますが、商品代金のみならず取り付け代金もチャージされます。

また、ユーザー車検、ディーラー車検に関わらず、車検時には自賠責保険料、重量税も一緒に支払います。これは、次回車検までの分(普通自動車の場合、2年分)をまとめて支払うことになります。自賠責保険料は乗用車であれば現在、29,780円となっています。重量税の方は1.5トン以上の乗用車であれば37,800円必要になります。

これらの合計金額がディーラー車検にかかる費用といえます。ユーザー車検に較べると、ディーラー車検は割高です。しかし、確実に車検を合格して、車を返却してくれますので安心といえるでしょう。自動車を購入したら、車検のための費用を毎月積み立てておくことをお勧めします。

また、ディーラー車検であれば、車検中に自動車が必要な人も大丈夫です。車検を請け負う整備工場等が、変わりの自動車を用意してくれるサービスを行っているのが普通です。即ち、整備中なので、車が使えないといった不便がないのです。

忙しい日本人にあった方法ディーラー車検は、ストレスフリーな車検といえるでしょう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
 
     
© 車検見積もり予約ガイド 2007