車検の見積もり予約を行うに当たって、知っておきたい知識を網羅したサイト。
  車検見積もり予約  
   
  ホーム > 整備工場の種類  
     
 





整備工場の種類

自動車が故障したときや定期点検、車検などの時に利用するのが整備工場です。この整備工場にも種類があります。国内にある整備工場を大きく分けると3種類になります。

一つ目は「陸運局指定整備工場」、二つ目が「陸運局認証整備工場」、そして三つ目が「無認可の整備工場」です。

陸運局の指定整備工場ですが「民間車検場」として、車検のために国内で最も利用されている整備工場です。この指定整備工場には車検に必要な設備が全部揃っています。

「なぜそんなことをするの?陸運局に車検場は無いの?」

そんな疑問を持つ方もいるかも知れません。陸運局にもちろん車検場は備わっていますが、そこだけで全国の車の車検を引き受けることは到底出来ません。そこで車検場と同様の設備を持つ整備工場を民間の車検場として認可しているのです。

指定整備工場では国家試験に合格した整備士が車検を行います。また、車検に合格の際ですが、直接車検場で車検を受けた場合は最後に新車検証が手渡されます。しかし、指定整備工場で車検を行った場合、まず保安適合証が発行されます。そして後日、車検証が送ってこられるのが普通です。

次に陸運局認証整備工場ですが、ここは陸運局に認められた基準を満たしている整備工場です。整備や点検など問題なく行うことが出来、また信頼でます。しかし、車検ラインの設備を持っていません。ですので車検整備後、陸運局に車を持っていき車検を受けることになります。しかし、この段取りはすべて整備工場が行うため、自動車の所有者は車を持ち込みさえすれば良いだけです。

最後に無認可の整備工場です。ここは文字通り認可されていない整備工場です。認可が下りていない整備工場では車の整備は違法です。しかし、国内に無数にこの無認可の整備工場があるのです。もし、無認可の整備工場で点検を受けたとしても点検ステッカーは発行されません。正式な点検を受けるには、認可の下りている整備工場を利用せねばなりません。

しかし、認可が下りていること=腕が良いとは限りません。陸運局の認可の基準は設備の方に重点が置かれています。認可だけを目安に整備工場を選ぶのはお勧めできません。

最も早く車検が完成するのは陸運局指定整備工場に車を持ち込むことです。一日車検、立会い車検などを行っているのはすべて指定整備工場です。また、この陸運局指定整備工場を利用する一番の利点はなんと言っても土日でも車検が受けられることです。サービスを比較して一番良いところで車検を受けたいものです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
 
     
© 車検見積もり予約ガイド 2007