車検の見積もり予約を行うに当たって、知っておきたい知識を網羅したサイト。
  車検見積もり予約  
   
  ホーム > 外車(輸入車)の車検  
     
 





外車(輸入車)の車検

メルセデス、フェラーリ、BMW、アメ車・・・外車は、今も昔も愛好者に根強い人気があります。外車の場合は国産車以上にこだわりを持つ人が多く、新車のみならず、アンティークと呼べるような中古車も数多く輸入されています。最近ではインターネットオークションの流行により、海外のコレクターから個人売買によってお気に入りの一台を輸入する人も見られるようになりました。また、バイクの場合、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキなどが販売している海外限定モデルの自動二輪車を逆輸入する人もいます。

さて、それらの海外から日本に入ってきた車ですが、車検などはどうすればよいのでしょうか?

外車、国産車に関わらず、日本国内で公道を走るためには日本の法律に従わなければいけません。すなわち、車検も必要ということになります。

「だけど、外車は国産車と仕様が異なるから町の中の整備工場では整備できないのでしょう?」「外車は外車専門の整備工場でしか扱ってくれないと説明された。」などなど初めての外車オーナーには戸惑うことが多いものです。

外車(輸入車)というと、以前は特別扱いされ、外車専門の工場へ持っていくのが普通でした。大抵は輸入ディーラーや外車販売店などが、構造変更やアフターサービスも兼ねて車検関係も請け負っていたものです。しかし以前は故障などが多く、オーナー泣かせと言われていた外車ですが、質が向上したため国産車と同じ整備工場で整備・車検を受けることが可能になりました。また、輸入車数の増加により、整備士も外車が珍しくなくなったことも関係しています。

一般的に外車専門工場は割高なため、外車オーナーにとって普通の整備工場に持ち込めるようになったことは嬉しい限りです。外車でも基本料金や代行手数料を国産車と同額に設定しているところがほとんどです。しかしながら、外車特有のパーツの購入(輸入)が必要になったり、特殊な工具を必要とする場合があり、その分実費を取られます。国産車のパーツより高くはなるでしょう。大きな故障・修理の際には、外車整備技術料など別途かかって来ることもあります。

また、外車もユーザー車検を受けることが可能です。外車を選ぶ人は、車好きの人が多く整備も趣味の一環となっているようです。外車用パーツですが、外車部品を専用に扱っているところで購入する以外に、ネットショップで自分で輸入することも出来ます。外車車検は昔より随分手軽になったといえるでしょう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
 
     
© 車検見積もり予約ガイド 2007