車検の見積もり予約を行うに当たって、知っておきたい知識を網羅したサイト。
  車検見積もり予約  
   
  ホーム > 軽自動車の車検  
     
 





軽自動車の車検

自動車と排気量250ccを超える自動二輪車(バイク)は、定期的に車検を受ける必要があります。この車検ですが、軽自動車と普通自動車とでは扱いが異なります。一般的に、軽自動車の方が「簡単」に車検は済ませることができます。

この簡単というのは、検査が厳しくないというわけではありません。車検の検査は普通車と全く同じですが、必要書類などの面で軽自動車の方が「手間が掛からない」ということです。また、費用も軽自動車の方が安くて済みます。

それでは、普通自動車と軽自動車の車検の違いを比べてみましょう。まず、車検を受ける場所ですが、普通自動車が陸運支局などが運営する車検場で検査を受けるのに対し、軽自動車は各都道府県の「軽自動車検査協会」の車検場で検査を受けます。

よく普通自動車の車検場と勘違いする人がいるので、事前に所在地を確認しておきましょう。所在地その他の軽自動車の車検に関する情報は、軽自動車検査協会のホームページで簡単に調べることができます。

次に車検の必要書類についてですが、事前に車検証、24ヶ月定期点検記録簿、納税証明書、自賠責保険証明書を揃えます。軽自動車に関しては、軽自動車税納税証明書が必要です。普通自動車の納税証明書は、新たに発行してもらわなくてはいけないのに対し、軽自動車税納税証明書は郵送されてきた証明書がそのまま使用できますので便利です。

車検当日、車検場の受付にて様々な費用を支払います。検査手数料は普通自動車では1,500円ですが、軽自動車の場合1,400円です。これは窓口にて現金で納付します。

また、普通自動車の場合、年間6,300円以上の自動車重量税が、軽自動車の場合は一律8,800円(2年分)となっています。これは車検場にて印紙を購入して書類の裏に貼り付けます。

自賠責保険は車検場で保険料を支払うことも出来ますが、事前に支払っておいて書類だけを持参することも可能です。車検場で行っても大した時間は掛からないものですが、よりスムーズに済ませたい人は前もって手続きしておくと良いでしょう。

後は、継続検査申請書に記入して、軽自動車検査表と共に受付に提出し、指示にしたがって車検場に入ります。検査にかかる時間は平均して1時間くらいということです。

以上が軽自動車の車検の流れです。しかし、これらは自分で車検を通す場合(ユーザー車検)にのみ必要なことです。民間の整備工場などに車検を委託する場合(ディーラー車検)は、業者がすべて代行してくれます。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
 
     
© 車検見積もり予約ガイド 2007