車検の見積もり予約を行うに当たって、知っておきたい知識を網羅したサイト。
  車検見積もり予約  
   
  ホーム > 新車の車検  
     
 





新車の車検

車検は車の健康状態を調べるために必要な検査です。任意ではなく、法律で定められていますので必ず受けなければいけません。車検の期日が過ぎていると、6点減点されるほか罰金が科せられることもあります。余計な出費を防ぐためにも、車検は忘れずに行いましょう。

新車でも車検は必要です。新車の場合は購入後3年目に始めての車検を行います。その後は2年おきになります。以前は10年以上経っている車の場合、1年ごとに車検を受けなければなりませんでしたが、法律が緩和され現在では2年ごとでよくなりました。

初めてマイカーを購入した人であれば車検は緊張するかもしれません。しかし、車検は難しいものではありません。正しい知識と、毎月、きちんと積み立てさえしていれば慌てることが無いでしょう。

車検時に必要なものは、車検整備・検査代金と税金、保険料になります。この車体の整備は自分で行っても構いません。自分で行う車検をユーザー車検といいます。もし、それが難しいようであればプロの整備士に頼むことが出来ます。

車検にかかる費用としては、整備工場でプロの整備士に任せるディーラー車検の場合、基本点検料金に諸経費を合計した金額ということになります。基本点検料金は車のクラスによって違います。軽自動車であれば10,000円前後から、大型・外車クラスだと30,000円ほどになるのが相場です。

諸経費には、車検代行料および消耗品の交換代金などが含まれます。大きな問題が無ければ諸経費は50,000〜90,000円くらいで済むといわれています。しかし、利用する整備工場によってかなり差がありますので事前に見積もりを出してもらいましょう。後々のトラブル回避につながります。

新車を購入する時点では、前払いで自動車重量税と自賠責保険料を3年間分支払います。始めての車検の時には、次の車検までの分でよいので2年間分となります。ですので、初回より若干安い金額ということになります。

新車の時から、同じ整備工場で車検を受けていると割引料金を適用してくれる事もあります。整備工場は車のお医者様でもあるので、同じ所を利用する方が何かと都合が良いでしょう。お得な特典が付いてくる場合もあります。

もし、車検時に費用が無い場合は車検ローンを組むことも出来ます。オートローンやマイカーローンなどに問い合わせてみましょう。

車検は自動車所有者の義務です。新車を買ったら、車検のための貯金を始めるようにしましょう。それが車検で慌てないコツです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
 
     
© 車検見積もり予約ガイド 2007