車検の見積もり予約を行うに当たって、知っておきたい知識を網羅したサイト。
  車検見積もり予約  
   
  ホーム > トレーラーの車検  
     
 





トレーラーの車検

日本国内における全てのトレーラーに車検の義務があります。定期的に車検を受け、ナンバープレートを持たない限り、トレーラーは公道を走ることが出来ないのです。ちょっとそこまで荷物を移動させるだけ、でも絶対いけません。見つかると罰金を科せられますし、減点対象にもなります。

トレーラーは、その大きさによって車検の有効期限が違います。軽自動車登録のトレーラーであれば2年おきです。普通自動車登録の場合であれば、初回は2年目、その後は継続検査として1年おきに車検します。

トレーラーといえども車検時に自賠責保険、重量税、自動車税が必要です。軽トレーラーであれば自賠責保険(2年)¥5,850、重量税(2年)¥8,800、自動車税(1年)¥4,000を支払います。もし、民間整備工場でディーラー車検を頼むのであれば、このほかに、整備、点検、車検代行料金として¥20,000くらい徴収されます。

トレーラー車検は民間整備工場などではあまり受け付けていません。難しくはありませんので、ユーザー車検(車の所有者が自分で車検を通す)にチャレンジすると良いでしょう。

エンジンなどの無いトレーラーは、車検ももちろんシンプルです。申し込みも電話やインターネットで簡単に行えます。それではトレーラーの車検についてみていきましょう。

車検の点検項目を考える前に、トレーラー所有者がうっかりする点についてお話しましょう。トレーラーを車検場に持ち込む時は「荷物を積んだまま」では検査できません。例えば、トレーラーをフィッシングボートの置き台として使用している場合は、ボートをどこかに預けなければなりません。そのための費用や設備も考慮する必要があります。

トレーラー車検のチェック項目ですが、大きく分けて3点になります。@フレームのボルトがしっかり締まっているか?Aランプは全て正常に働くか?Bタイヤは磨り減っていないか?空気圧は大丈夫か?

これらを確認すれば車検はおしまいです。どれも簡単なことですので、自分で車検を取る事は不可能ではありません。ただ、車検場は土日・祝日が閉まります。平日にしか行えませんので注意しましょう。

トレーラーと普通自動車の車検の違いは、車庫証明が必要になることです。しかし軽自動車登録の場合は必要ないことになっています(地域によって例外もあります)。

トレーラーは普通自動車と違って車検を忘れがちになります。車検切れで罰せられないためにも、予定帳等にメモして置くようにすると良いでしょう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
 
     
© 車検見積もり予約ガイド 2007