車検の見積もり予約を行うに当たって、知っておきたい知識を網羅したサイト。
  車検見積もり予約  
   
  ホーム > 中古車の車検  
     
 





中古車の車検

車は車検(車両検査)を受けること無しに、公道を走れないことになっています。これは、危険車による交通事故等の回避、故障車が街中に溢れることの予防、排気ガス等による環境破壊を抑えるためなどに国が定めた法律です。安全車であることが証明されて、はじめてその車を使用することが出来ます。

この車検ですが、定期的に検査を行う必要があります。新車をディーラーから購入した場合、初めての車検は3年後になります。それでは、中古車の場合はどうなるのでしょう。

中古車は中古車販売店やインターネットオークション、あるいは新聞・雑誌の個人売買によって購入します。中古車販売店を例にとってみましょう。

中古車販売店には、年数も走行距離もさまざまなたくさんの車両があります。新車に近い車もあれば、スクラップになってもおかしくないものもあるでしょう。

車検に関して言えば、モデルカーなどの展示車が中古車として出ている場合、まだ車検が十分に残っている可能性があります。反対に既に何度も車検を受けている中古車であれば、車検の有効期限まで少し間がある場合と、展示中に車検切れになっている場合があります。

既に車検が切れている中古車の場合、購入時に「車検なし」あるいは「車検2年付き」の選択が出来る場合があります。「車検2年付き」は、購入する際に車検を受けて渡すという意味です。購入後2年間は、車検の必要がありません。反対に「車検なし」はそのままの状態での引き渡しです。

「車検なし」の方が安いのは言うまでもありません。しかし、安く購入しても結局自分で車検を受けねばなりません。ユーザー車検によって自分で車検を取るか、行きつけの整備工場などで自分で車検を取ることになるのです。車の知識が無い人は「車検2年付き」で購入する方が手間が掛からないことになります。

また、初めての車が中古車の場合は車検2年つきの方が安心です。車検2年つき中古車を購入する際は、車体本体(表示価格)以外にも費用がかかります。税金などを支払うと20万円くらい追加になる場合もあります。契約書にサインする前に必ず見積もりを出してもらいましょう。

インターネットオークションなどの個人売買で中古車を購入する際も、車検の有無には気をつけましょう。車検切れの場合、試運転でも公道を走ることも出来ません。その場合、仮ナンバーを取得するなどの措置を取ることが出来る場合もあります。十分調べてから契約を取り付けましょう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
 
     
© 車検見積もり予約ガイド 2007