車検の見積もり予約を行うに当たって、知っておきたい知識を網羅したサイト。
  車検見積もり予約  
   
  ホーム > 車検料金支払い時のマナー  
     
 





車検料金支払い時のマナー

通常、商品を購入するときには、商品と引き換えにお金を支払います。車の修理や整備についても、終了時にお金を支払うことが多いものです。

しかし、車検の時には、ちょっと事情が違ってきます。何故かというと、車検を通す前に、保険料や税金などの法定料金が必要になってくるからです。「諸費用」(法定費用)と言われているものですが、詳しくは以下の料金になります。

・自賠責保険料
・自動車重量税
・検査手数料

これらの料金を支払い、必要な書類を作成しなくては車検を通すことができません。ですから、「諸費用」(法定費用)は「車を入庫した時」に支払うのがマナーです。そうでなければ、車検を請け負ったところでは、立替をしなくてはならず、大きな負担となることもあるのです。

ディーラーなどでは、後払い可能なところがほとんです。クレジットカードで全費用を支払うことができるところもあります。また、ローンによる支払いが可能なところもあります。しかし、中小の整備工場ではそういったケースはまれであり、先払いを前提にしているところが多いです。

ところが、整備工場の方からは、「先払い」と言い出しにくいのが現実のようです。知人や友人などの縁故関係であれば、なおさらです。「車検申し込み時に必要なもの」として法定費用を明記しているところもありますが、書いていないから「後払い」でいいというわけではありません。車検を依頼する際には、「諸費用」の支払い方法をきちんと確認することが最低限のマナーと言えるでしょう。

車検料金は、「諸費用」の他に「車検料金」や「整備代」が必要になります。「諸費用」は車種による違いはあるものの、法律で決められた料金ですから、どこで車検を受けても同じ料金です。「車検料金」と「整備代」については各会社で違いますし、車の状態によっても違ってきますので、車検終了時の支払いでよいということになります。

「1日車検」などの場合は、先に整備を済ませ、車検証を後から郵送してくれます。当然、必要書類は後から作成することになりますので、「諸費用」の先払い・後払いは気にしなくてもよいということになります。

クレジットカードなどが使えるところも増えたとはいえ、車検料金は「現金払い」が基本です。料金も高額になりますから、車検に備えて資金を準備しておくことが必要ですね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
 
     
© 車検見積もり予約ガイド 2007